2017年10月16日

京都国際映画祭

2017年10月12日(木)から行われていました京都国際映画祭も
昨日10月15日(日)に最終日を迎えました。
イオンシネマ京都桂川にてLIFE/GOODYEARが特別招待作品として上映後、林海象監督、
堀内正美が舞台挨拶に登壇しました。福島第一原発20q圏内の避難地区に住み続けた一人の老人の孤独死。
堀内正美はその遺品回収に向かう男(主演 永瀬正敏)を迎える市の職員の役を演じています。
自身も神戸淡路震災に遭遇し、ボランティア活動にも従事した経験が、
映像にも色濃く反映されていました。
着用してた服も当時使用されていた物を持参しての撮影だったそうです。
多くのお客様にも、感じられるものがあった事と思います。
雨中にも拘わらず、会場にいらしてくださいましたお客様に心から御礼申し上げます。

2017.10.15 LIFE舞台挨拶.jpg
posted by ヒロシ at 11:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする